再びの渓

d0140490_09060730.jpg
先週の土曜日。
水曜日あたりから
どうしても、じっとしていられず
その前の週に出かけた渓へ
一人で行ける方法はないか?と調べ

最短で行ける方法を見つけ決行することに。

朝7時のあずさで韮崎へ
そのあとは数少ないバスに乗って目的地近くのバス停下車
地図は大雑把なものしかないので
記憶を辿りながらイメージして
多分大丈夫!いや、ぜったい大丈夫の区間を選択。
d0140490_09060791.jpg
予定通りの時間に渓へ立てた。
d0140490_09060633.jpg
でも、一人釣行。
車に荷物を置ける訳でもないので
履いてきた靴や着替えなどをザックに詰めて
バックパックで渓を歩くことに。
(デポすればよかった!)

テン泊釣行でのバックパックは経験あっても
これだけのザックを背負って渓を歩くのは初めて。
思うように竿が振れない。
いろんな紐にラインが引っかかる。
獣の気配を感じる。
時間がない。焦る。余計にキャストが上手くいかない。
なにせ、帰りのバスは数本だし、
山帰りの人でごった返す夕刻は避けたいので
遅くても13時台のバスには乗車する必要がある。

結局、正味2時間弱(正確には1時間45分)
あっという間の釣行になる。
こんなに時間を気にしながらの釣りは始めてだ。
いつもは、「もう、帰ろうか~」っていい加減
釣り飽きたり、くたびれて上がるんだけど。

さて、釣果は言うまでもなくボ!
合わせられず5匹以上バラシ、取り込み失敗が1匹。
何しに来たんだろう私。と弱気になって
つい泣いてしまう始末。
春ゼミのおかげで泣き声もかき消されてちょっと助かった。
d0140490_09055021.jpg
途中、オオルリのさえずりやクリンソウに癒される。
でも、そんな時間も駆け足に・・・

あわてて大きな岩影で着替えて下山する。
汗だくだ!
まるで熊に遭遇したときのように駆け下りてきたから
道路に着いたときにはもう、ボロボロ。
そこからバス停までは坂道を登ることを忘れていた。
ハーハー言いながらやっと着いた。
目の前には秋にオトンと一緒に見た山が広がる。
d0140490_09063674.jpg
バスの到着までの時間
少し反省した。
やっぱり、まだ一人釣行は楽しくない。
仲間と一緒がいいな。
失敗しても一緒に笑ってくれる人が居ないのって
やっぱりさびしい。
それに、私にはまだ知らないことが多すぎる。
いつもオトンに助けてもらっていたのだと
痛感した。
最後にリールをしまう時に
ラインとリーダーの結び目の酷さに笑えた。
そして、また泣けてきた。

無事に韮崎駅に着き
時間もあったからビールでも!と思ったけど
そんな気にもなれなかった。
不思議だ。
オトンが居たから安心してビール飲んだり
出来ていたのかもしれない。

今回の一人釣行で本当に
心からオトンの存在の大きさを感じた。
ただ、黙って後ろから見て居てくれていただけだと思っていたけど
違った。降参!
「だから一人で行くなって言っただろう!」って声が聞こえる。

分かったよ。
だから、戻ってきてよ~



じゃないね。
頑張るね。
もっと強くなるよ。
だから見守っていてください。




# by tabi-kinako | 2019-06-04 09:07 | フライフィッシング | Comments(6)

やっと解禁

d0140490_18520104.jpg
本当は迷った。
まだ一年経っていないのに
釣りに出かけていいものか・・・
でも、娘夫婦に
どうしてもオトンが歩いた渓を見せたくて。

なんとか休みが合ったので
お願いして日曜日に山梨の渓へ出かけた。
そこでオトンのこと3人で話をしたくて。
で、許されれば少しだけ釣りしたいと。

きっとオトンは「行ってくれば?」か「一緒にいくぞ!」と
言ってくれるはずと信じて。
d0140490_18520157.jpg
迷いながら着いたのがすでに11時
30分だけでいいから釣りさせてね!と2人に伝え
速攻で着替えて川へ降りる。
始めのポイントの2投目で釣れた。
去年と同じだ。
カメラを忘れたので写真に収める事できなかったけど
オトンが空から見てるはず(いや、背後に居たかも)
そして「相変わらず先にやってくれるな!」とつぶやいたはずだ(笑)

日曜日の11時すぎ、
車も数台止まってたし、鮮明な踏み跡いっぱいだったし
そりゃ、反応いいわけない。
それでも3匹はかかってばらし・・・(相変わらずのヘボぶり)
40分も歩くと、暑くなってきて
娘たちを待たせているので早々に脱渓。
でも、春ゼミなく初夏の森を歩くだけで充分に癒される。
d0140490_18520128.jpg
戻って、自宅から持ってきていた
オトンのフィルソンのベストと愛用の帽子を並べて
その前で献杯!
d0140490_18520138.jpg
去年の今頃は家族でキャンプして
山に登りそこで4人で乾杯したね。
d0140490_18524236.jpg
その時の写真がコレ。
左の手がオトン。
大きくて優しい手が懐かしく、愛おしい。

私のわがままに付き合ってくれた
家族に感謝の一日になりました。
d0140490_18520102.jpg
そして、本当にフライフィッシングが好きなんだと
再認識した日でもあった。

そして、やっぱり
一番好きだった場所へオトンと一緒に出かけなくては!

# by tabi-kinako | 2019-05-27 19:05 | フライフィッシング | Comments(8)

風薫る5月

d0140490_18001075.jpg

大型連休の前半で木曽へ行く予定が
ちょっと事情があって後半から行く予定の福岡へ早めに行く事に。
だから、木曽に集まって頂いた皆さんとは会うことが出来なかった。
みなさん、本当にごめんなさい!
d0140490_18003966.jpg
さて、「もう」なのか「まだ」なのか・・・
今日が5ヶ月目の月命日。

午後から取材があるので
朝一番にお墓参り。(といっても納骨堂だけど)

いつもと同じように、コーヒーをポットに入れて
オトンの墓前で一緒にコーヒーを飲む。
少し話しをしたら、ここの屋上に出て
山を見ながらまたコーヒーを飲む。つもりだったけど
あいにく、今日は丹沢方面は雲に隠れてしまっていた。
家ではなく、ここに来ると出来る話があるようで
ついつい、足が向く。
本当に近くに遺骨を納めることが出来てよかったと思う。

でも、亡くなった人の魂は、思う人の心に宿るというから
場所は関係ないのかもしれないけど、
なんとなく、私はこの場所にくると
いつものオトンのやる気のない返事が返ってくるようで
その声を聞きたくて来るのだと思う。
d0140490_18010924.jpg
世田谷線で涙が止まらなくなり
ひとつ前の駅で降りて気分を落ち着かせて
一旦帰宅して、仕事へ向かうことに。

部屋には母の日に娘がくれた花が黙って私を迎えてくれた。
花や猫たちに癒されてはいるけど。
やっぱり「ただいま!」のあとの「お疲れさん!」が無いのはさびしい。


# by tabi-kinako | 2019-05-15 18:01 | つぶやき | Comments(8)

サプライズ

d0140490_07452398.jpg

今日はオトンの月命日
4ヶ月が経った。

もう、4ヵ月。
まだ、4ヶ月。
時は止まることなく進み、季節も冬から春へと変わり
オトンも好きだった新緑がまぶしい季節になってきた。
そして、私は
少しつづだけど、心を整えるられるようになってきた。

今日はお墓に行って話しをしてこようと思う。
報告することあるし。
d0140490_07453607.jpg
もう来ないよね、といっていたクラプトンが
オトンが亡くなったすぐあとに日本でライブをやると発表になり。
運よく、アリーナの前から5番目の席もとれて
娘と2人で。。。いや、3人で行ってきた。


3年まえは少し脱力感を感じたクラプトンの演奏や歌も、
今回はかなり昔に戻った感じだったし、
レイラのエレクトリックバージョンは何年ぶりに聞いただろう。
いつもアコースティックバージョンだったから、つまらなかったけど
今回は久々のエレキのイントロを聞く事が出来て、鳥肌が立った。
やっぱり、レイラはあのエレキの音じゃないとね!
TDKのコマーシャルが浮かんでくる・・・

しかも、来日中だとはいえ、まさか!(多少期待していたけど)の
ジョン・メイヤーがアンコールのときに登場!
ライブ前に「もしかして、ジョンメイヤーが出てくれたりして~」
「出てくれたら失神する!」と娘と話をしていたので
びっくり!
失神はせずに、しかと、ギタープレイを見つめていました。
やっぱり、上手い!
神様と一緒にプレイして多少恥らっている雰囲気のジョン・メイヤーも
素敵だった。

この奇跡はオトンが作ってくれたと信じてる!
ありがとう!オトン!
(オトンはそんなにジョンメイヤーのことは好きではなかったけど
私が夢中だったのを知っていた)
ものすごく温かいパワーをもらいました。




# by tabi-kinako | 2019-04-15 07:51 | つぶやき | Comments(4)

近況

ようやく春らしくなってきた。

いろんなことが始まる季節。

立ち止まっててどうする?

ようやくオトンの仕事部屋の片付けが本格的になり
私も進まなくてはと、うわべでは思ってる。
d0140490_11172548.jpg
先日、オトンも楽しみにしていて2人で行くはずだった
TOTOの武道館ライブに娘と2人で行ってきた。
流石の演奏力とボーカルも重ねた年の分、艶もあり大満足。
きっとオトンも来てたね!
d0140490_11173816.jpg

こうやって、仕事以外でも外へ出かけられるようになった。
(でも、まだ小田急線に乗ると動悸がしてすぐに降りてしまうけど)

先日、部屋の片付けをしているときに見つけた。
d0140490_11174130.jpg

さすが笑いのセンスは抜群だよ!オトン!
でも、これは当時、本当に忙しくて辛くて刻んだんだろうな~

だから、私はこれ持って出かけようと思う。
電車で行ける渓もあるんだから。。。
オトン、連れてくからね♪

# by tabi-kinako | 2019-02-26 11:18 | つぶやき | Comments(6)


気ままな絵(写真)日記です。よろしければコメントなどいただければ・・・


by tabi-kinako

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
グルメ
お料理
フライフィッシング
お酒
ねこ
つぶやき
外あそび
すきなもの
草花

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 02月
2018年 10月
more...

フォロー中のブログ

terry's Rive...
永源寺のなまぐさイワナ
フィッシュ クラフト工房...
Drag-Free Dr...
へたっぴルアーマンの釣り日記
Metropolitan...
おっさんのメタボな生活
f e l t i c ...
kaiの気ままに山系アウ...
専業主婦の愚痴話
あぶらびれパトローラー
コンセイエ日記
陸に上がってた☆Flyman!
LIKE A FLOWI...
ぐうたらチャコの楽しい毎日
リメイクでエコな生活を!
水辺の想い出
Life with FO...
Keiちゃんの Good...
小鯛のきもち
fiat lux pho...
森のフィッシュ魚ッチング
ぼっくりの釣行記
釣りヲタFF倶楽部 Fr...
日本のワインと肴

★OTHER LINKS★


ライフログ


「空飛ぶモンティ・パイソン」“日本語吹替復活”DVD BOX


アメリ【期間限定スペシャル版】 [DVD]


グレート・ギャツビー (新潮文庫)


ヘミングウェイの酒


チャーリーとチョコレート工場 [DVD]


R;K works サティ・ピアノ・アルバム

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧


もっと見る
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項